ボディーケアグッズ

【2021年最新版】おすすめ体重計・体組成計7選/3つの目的別に合わせて厳選

更新日:

最近のテレワークやオンライン会議続きで家にいる時間が長くなって運動不足がちになり、特に体重が気になっているという人は多いのではないでしょうか。

そこで健康・体型維持のためにウォーキングや運動をすることは良いことなのですが、むやみやたら闇雲に動いたところで効率の良い脂肪燃焼ができなくて、結果が出る前に途中でギブアップしてしまう人が大半だと思います。

しかし、その努力に報いるような結果を出すための効率化を図るために最適なアイテムこそ私たちの身近にある、体重計・体組成計です。

最近の体重計は、ただ体重を測ることだけでなく、多くの体組成項目が測定できることはもちろんのこと、スマホと連動して測定データを記録し、自分の目標があとどれくらいで達成できるのかなど、ひと目で分かるような便利な機能が付いていたりと、より多彩な製品から選べるようになっています。

そんな進化を続ける私たちの生活に欠かせない、体重計・体組成計を目的別に合わせた最適な選び方のポイントと、おすすめの製品を厳選してご紹介したいと思います。

これから体重計を新しく買い替えようかなと思う方はぜひ参考にしてみてください。

体重計と体組成計の違いをおさらい

体重計とは?

スポーツレンタル|自動体重計|スポーツ&ガーデン|スポーツイベント用品|ワールドディスプレイは什器レンタル専門店。マネキンやトルソーなど販売会・展示会用什器をご提案いたします。

 

体重計とは、シンプルに体重を測るためだけの測定器具です。

イメージしやすいのが昔ながらのアナログの針で計測する体重計で、どこのご家庭にも一台はあるといったただ単純に体重を測るためだけの機能しかない体重計のことで、どんな方でも知っている測定器具のことです。

体組成計(体脂肪計)とは?

タニタ? オムロン? ダイエットにおすすめなのは意外にも…【体組成計7製品比較】 - the360.life(サンロクマル)

 

体組成計とは、体重の計測以外にもさまざまな項目を測定することができる機能が搭載されている測定器具のことです。

主な測定可能項目と言えば、体脂肪率、骨格筋率、骨量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、BMI指数などが挙げられこれらの測定結果から筋トレやダイエットなど理想の体づくりをサポートしてくれます。

最近ではただの体重計だけではなく、こういった体組成も同時に測定できるモデルが主流となっている他にスマホと連動して測定データをアプリ上で管理できる体重計・体組成計が増えています。

Wi-FiやBluetooth経由でスマートフォンに自動で測定データを送信し、スマホアプリ上でグラフやチャートを確認できるので、計画的な健康管理に役立ちます。

しかし、当然ながらこういった高機能な製品になればなるほど価格が高くなっていきます。

そこで、自分にとって必要な測定項目を絞り込んで、目的別に合ったモデルを選ぶことでコスパを抑えたベストな製品を得して買うことができます。

3つの目的別に合わせた体重計・体組成計の選び方のポイント

健康管理目的

健康的な生活を維持できる人たちが実践している、7つの大切なこと | ライフハッカー[日本版]

 

ただシンプルに健康管理のために体重を定期的に測定できれば十分という方は、価格が安い1000円~5000円程度の製品がおすすめです。

ここで価格以外に選ぶポイントとしては、もっと正確な健康管理を行うためにただの体重と体脂肪率を測定できるものだけではなく、皮下脂肪率、内臓脂肪のレベル、肥満度を見るBMI、生命維持に最低限必要なエネルギーである基礎代謝が測定できるものを選ぶといいでしょう。

また、収納に手間をとらないコンパクトでスタイリッシュな製品を選ぶと、本体を横に立てかけて置けたり、洗面台の下や棚にすっぽりと収納できたりすることができ、省スペース性を重視するひとり暮らしの人にも便利です。

さらに、ご自身だけではなく家族でも使うことができる体重計が欲しい場合には、登録人数が家族分登録できる機能が搭載されている製品もおすすめです。

体重計に乗るだけでその人物を認識できる「ユーザー自動認識機能」付きの製品も登場しています。

ダイエット目的

キレイに痩せる!女性向けダイエット方法

 

今からダイエットを始めたい方や、すでにダイエットを実施している方は、少しお高めの7,000~10,000円程度の製品をおすすめします。

ダイエットを目的とする体重計を選ぶポイントとしては、体脂肪率、皮下脂肪率、内臓脂肪レベル、基礎代謝のほかに、全身の筋肉のうち体を動かすために使われる骨格筋の割合や、骨全体に含まれるミネラル量を示す骨量が測定できる体重計・体組成計がおすすめです。

運動により骨格筋を増やせば基礎代謝が上がるので、エネルギーを消費しやすくなり太りにくい体質になります。

さらに急激なダイエットで骨量が減少すると骨がもろくなる可能性があるため、骨量の測定ができる製品だとなお良いと思います。

また、ダイエット中はより細かい体重の変動を測定したいと思うので、50g単位で体重を測定できるタイプがおすすめです。

継続的なダイエットを行うためにも体重計とのスマホアプリ連動型も便利です。

毎日の測定結果を可視化・データ化することで、ダイエットのモチベーションを維持する効果も期待できると思います。

筋トレ目的

筋トレは毎日やってもいいのか? - 筋トレしようぜ!

 

もっとかっこいいボディーを手に入れるために筋トレを始めようと考えてる方や、すでに普段から体を鍛えている方は、価格が比較的高い1~4万円程度の製品をおすすめします。

特におすすめなのが、体の部位ごとの脂肪や筋肉の状態がわかる機能が付いた体重計・体組成計です。

こうした製品を使うことで、体の部位ごとの骨格筋の付き方を意識した筋トレを行うことができてより効果的なトレーニングが可能になります。

また、筋トレもダイエットと同じで継続的な進捗管理が重要になってくるので、こちらも体重計とのスマホアプリ連動機能があるものがおすすめです。

3つの目的別に合わせたおすすめ体重計・体組成計7選

ここでは、先ほどご紹介した『目的別に合わせた体重計・体組成計の選び方ポイント』踏まえて、おすすめの体重計・体組成計を7台ほど厳選したのでご紹介したいと思います。

健康管理目的におすすめな体重計

Gifort

 

Gifortから販売されているこの体重計は、3000円代という比較的お手頃な価格で購入できるにもかかわらず、ITOコーティングされた高精度体組成計で、専用アプリを通してスマホと連動させることで、多項指標なデータが記録可能なのですごく便利で変化が分かりやすいです(体重、BMI、体脂肪率、水分、骨重量、基礎代謝率、内蔵脂肪率、皮下脂肪率、脂肪量、筋肉量、肥満度レベルなど)

もちろん乗るだけで電源ONからアプリ転送まで自動で行います。

薄くてコンパクトなので、立てかけ収納も可能でちょっとした隙間に収納でき、置く場所や収納場所にも困りません。

最大24人分の個人データが登録可能で、家族全員でも余裕を持って利用できます。

性別、名前、生年月日、身長、目標を登録することが出来るほかに、赤ちゃんのプロフィールを作成する事ができアプリで毎月どれぐらい体重が増えてるかの統計も作成可能です。

アフターサービスも1年間の安心保証付きなので安心してご利用することができます。

  • 最小表示:100g
  • 測定項目:体重、BMI、体脂肪率、水分、骨重量、基礎代謝率、内蔵脂肪率、皮下脂肪率、脂肪量、筋肉量、肥満度レベルなど
  • 登録人数:24人
  • 自動認識機能:あり
  • スマホ連動あり
  • 本体サイズ・重量:約26(幅)×26(奥行)×2.0(高さ)cm・約1.3kg
  • カラー:ホワイト、ブラック


オムロン「カラダスキャン HBF-214」

 

オムロン「カラダスキャン HBF-214」は、3,000円以下で買える手ごろな価格ながら、体重計以外に内臓脂肪レベルや骨格筋率など6項目の体組成が測定できる体重計です。

本体の隅4か所には滑り止めゴムを付いており、裏面には持ちやすい窪みが付いているため、床を傷つけることなくスムーズに収納ができます。

コンパクトサイズなので、収納場所や置き場所を選ばずお使いいただけます。

アフターサービスも1年間の安心保証付きなので安心してご利用することができます。

  • 最小表示:100g
  • 測定項目:体重、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、基礎代謝、骨格筋率、体年齢
  • 登録人数:4人
  • 自動認識機能:あり
  • 通信機能:なし
  • 本体サイズ・重量:約28.5(幅)×28(奥行)×2.8(高さ)cm・約1.6kg
  • カラー:ブルー/ホワイト/ピンク/ブラウン
  • 立てかけ収納可


タニタ「BC-314」

 

タニタ「BC-314」は、4,000円台で購入できる手ごろな価格ながら、内臓脂肪レベルや体内年齢など7項目の体組成が測定できるコストパフォーマンスに優れたモデルです。

本体に乗ると自動で測定を開始する「乗るピタ機能」搭載で、立ったままでも測定結果が見やすい文字高29mmの大型表示の液晶画面が見やすく、手軽に健康管理をしたい人におすすめです。

厚さわずか27mmの薄型コンパクトモデルで、強化ガラスを使用したスタイリッシュなデザインとなっています。

  • 最小表示:50g
  • 測定項目:体重、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量
  • 登録人数:5人
  • 自動認識機能:あり
  • 通信機能:なし
  • 本体サイズ・重量:約31(幅)×21(奥行)×2.7(高さ)cm・約1.5kg
  • カラー:ホワイト
  • 立てかけ収納可


ダイエット目的におすすめな体重計

タニタ「BC-768」

 

タニタ「BC-768」は、スマホとの連動に対応したモデルとなっており、Bluetooth接続からワイヤレスでスマートフォンに測定データを送信し、測定データををスマホ上で管理することができます。

専用アプリの「ヘルスプラネット」で体重や体脂肪などの8項目の体組成を測定でき、記録したデータはスマホでグラフ表示されるので、変化が一目で分かり、目標設定をすることで計画的なダイエットをサポートしてくれます。

体重に乗るだけで電源が自動的に立ち上がり、すぐに測定ができるので面倒な手間もかかりません。

もちろんユーザー登録をしておけば最大5人まで自動認識することができます。

コンパクトなサイズ感ながら薄型ワイドタイプなので、乗りやすく、置き場所に困ることもありません。

  • 最小表示:100g
  • 測定項目:体重、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、骨格筋率、体内年齢、推定骨量
  • 登録人数:5人
  • 自動認識機能:あり
  • 通信機能:Bluetooth LE(iPhone/Android対応)
  • 本体サイズ・重量:約31(幅)×21(奥行)×2.7(高さ)cm・約1.5kg
  • カラー:ブラック/ホワイト
  • 立てかけ収納可


オムロン 「HBF-230T-SW シャイニーホワイト」

 

オムロン 「HBF-230T-SW シャイニーホワイト」は、体重を含めた8項目の体組成を測定することができ、iPhone/Android専用アプリ「OMRON connect(オムロン コネクト)」をBluetooth通信で連携させることで、 転送された測定データをグラフや数値でいつでもどこでもチェック可能です。

スマホアプリのホーム画面からワンタッチで、体重や体脂肪率、骨格筋などの測定データを簡単に確認・管理できます。

乗るだけで電源がONになる「ステップオン」機能と、自動的にユーザーを認識する「自動認識」機能搭載でストレスなく簡単に計測できる多機能なモデルです。

また、6才からの体脂肪率などの体組成を測定できる「子どもアルゴリズム」を搭載していますのでお子様と一緒に使うこともできます。

  • 最小表示:100g
  • 測定項目:体重、体脂肪率、骨格筋率、BMI、基礎代謝、体年齢、内臓脂肪レベル、子どもアルゴリズム
  • 登録人数:4人
  • 自動認識機能:あり
  • 通信機能:Bluetooth LE(iPhone/Android対応)
  • 本体サイズ・重量:約28(幅)×28(奥行)×2.8(高さ)cm・約1.6kg
  • カラー:グリーン/ブルー/ピンク/ブラウン/レッド/ブラック/ホワイト
  • 立てかけ収納可


パナソニック「EW-FA24」

 

パナソニック「EW-FA24」は、体重計+8つの細かな体組成が測定できます。

また、1カ月の減量目標を設定することができて、測定値から目標までの数値をカウントダウン表示させることができる機能も搭載しています。

その他、2画面表示にして前回測定値と並べて比較することも可能で、ダイエットのモチベーションをアップをしてくれます。

  • 最小表示:100g
  • 測定項目:体重、体脂肪率、BMI、皮下脂肪率、内臓脂肪レベル、骨レベル、基礎代謝、筋肉レベル、体幹バランス年齢、体年齢
  • 登録人数:4人
  • 自動認識機能:あり
  • 通信機能:なし
  • 本体サイズ・重量:約25(幅)×25(奥行)×2.6(高さ)cm・約1.3kg
  • カラー:ホワイト
  • 立てかけ収納可


筋トレ目的におすすめな体重計

タニタ「インナースキャンデュアル RD-913」

 

タニタ「インナースキャンデュアル RD-913」は、7項目が測定できる上、筋肉の「量」だけでなく「質」を点数算出して、コンディションを客観的に数値化することができ、トレーニング量のコントロールや休息の目安に役立ちます。

体の部位ごとの筋肉の質を測定するので、競技に合わせてどこを鍛えるかの目安がつけやすくなることもできます。

乗るだけで平常時の脈拍を測定する機能も搭載し、ユーザーの心肺能力に合わせたトレーニング目標を設定することも可能です。

もちろんスマホとBluetooth通信で連動させ体組成管理も行ったり、スマホを手に持ったまま測定する場合はあらかじめアプリの「着衣やスマホの重さ」に引きたい重さを入力すれば、入力した重さを差し引いた体重を表示できる便利な機能も備えています。

自動認識機能や細かな50g単位で体重を測ることが出来るスタイリッシュな多機能体重計となっています。

  • 最小表示:50g
  • 測定項目:体重、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、体水分率、推定骨量
  • 登録人数:4人
  • 自動認識機能:あり
  • 通信機能:Bluetooth LE(iPhone/Android対応)
  • 本体サイズ・重量:約33(幅)×36(奥行)×4.9(高さ)cm・約2.7kg
  • カラー:メタリックブラック/グレイッシュゴールド/パールホワイト
  • その他:筋質点数、脈拍数を測定可能


 

まとめ

ヘルスメーターのイラスト(体重計) | イラストくん

この記事では3つの目的別に合わせた最適の体重計・体組成計を厳選して7台ほどご紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか?自分に合った製品は見つかりましたか?

体重計は昔に比べて私たちの生活に合わせるように日々進化しています。

これから体重計を変え替えようか迷っている人は、ぜひこの記事を参考に使いやすい体重計を手に入れてライフスタイルを少しでもより良いものに変化せてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ボディーケアグッズ

Copyright© AUDITIONBALLETOK , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.