オーディションに関する疑問解決 バレエ団オーディション攻略法

バレエ団オーディションの疑問(バレエ学校を卒業していないと就職に不利になるのか?)

更新日:

AUDITIONBALLETOKのInstagramやTwitterのフォロワーさんからの質問☟

迷えるバレエダンサー
迷えるバレエダンサー
海外のバレエ団に就職する際に、バレエ学校を卒業していないと就職に不利でしょうか?

確かに海外のバレエ団のオーディションの募集要項に、

「バレエ学校のディプロマ(卒業証明書)が必要です」と書いてあることってたまにありますよね?

しかし、全てのオーディションの募集要項の中にバレエ学校のディプロマのことについて記載されていることは少なく、

実際のところディプロマは本当に必要なのか分からないですよね。

本当にディプロマがなければバレエ団の就職は不利になるのでしょうか?

私の答え

結論から申し上げると、不利になる可能性はあります

その理由は大きく分けて2つあり、

1つ目は、オーディションの書類審査時にバレエ学校を卒業しているか・していないかの基準でジャッジされてしまい、

オーディションで落とされる可能性があるからです

大きな国立のバレエ団や人気のバレエ団は、毎年何百通もの応募メールとCVが送られてきます。

その中からオーディション応募者をある程度絞る時に「バレエ学校を卒業しているかという基準で振り分けられることがあるため、

バレエ学校を卒業していないとオーディションで不利になる可能性があります。

2つ目は、労働許可証などの書類についての問題です

海外のバレエ団で働き始める際に、まず必要になってくるのが労働許可証と労働ビザです。

労働許可証(ワークパーミット)とは、外国人が海外で働くために取得する必要がある書類で、

3ヶ月以上海外で働く場合、多くの国では労働許可証を取得せずに働くことは認められていません。

そのため、バレエ団や劇場は外国人を雇う際に、その国の労働局に労働許可証を申請しなければなりません。

その申請の際に、バレエ学校のディプロマ(卒業証明書)が必要な場合があるので、

持っていない人は自動的に雇えない(オーディションから選ばれない)ということがあり、就職に不利になる可能性があります。

個人的な話になりますが、私はこれまでフランス・ブルガリア・ポーランドの3か国で働いてきましたが、いずれの国も労働許可証や労働ビザ申請時にバレエ学校のディプロマの提出を求められたので、

やはりバレエ学校の卒業資格がないとバレエ団で働き始めるのは厳しいのではないかと思います。

 

「労働許可証やビザの申請についての記事はこちらをチェックしてみてください☟」

 

この2点から、海外のバレエ団に就職する際にバレエ学校を卒業していないと就職に不利な可能性があると言わざるを得ないのですが、もちろんそうではない場合もあります

個人によって、国によって、バレエ団や劇場によってシステムやルールは変わるので、バレエ学校を卒業していないからといって絶対に就職できないということはありません。

しかし、「不利になる可能性がある」ということは覚えておいて下さい。

-オーディションに関する疑問解決, バレエ団オーディション攻略法

Copyright© AUDITIONBALLETOK , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.