バレエ団オーディションの種類 バレエ団オーディション攻略法

バレエオーディション(オープンオーディション)についての解説

更新日:

今回のテーマは、バレエ学校やバレエ団で行われる普通のオーディション(オープンオーディション)について詳しく説明したいと思います。

オーディションには大きく分けて4つのオーディションがありますが、その中でも一般的なオープンオーディションから解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

オープンオーディションとは?

劇団四季オーディション」が開催されました|最新ニュース|劇団四季

 

オープンオーディションとは、オーディションという言葉の中で一番皆さんがイメージしやすいオーディションの形式のことです。

バレエ学校やバレエ団のホームページ・オーディションサイトにオーディションに関する広告が掲載され、オーディションの参加希望者は指定された日時、会場(スタジオや劇場)に集まって、バーエクササイズなどから順にクラスを進めて行き、各セクションごとに合格者、不合格者を選別されて次々と参加者を絞り込んでいくいわゆるふるい落としの形式です。

オーディション参加者は受付でゼッケンを貰って、このゼッケン番号に応じてオーディションのグループ分けや合格者発表を行います。

THE・オーディションって感じの定番なので分かりやすいですね。

オープンオーディションの主な内容とは?

2019年劇団四季研究所生徒オーディションが開催されました|最新 ...

 

オープンオーディションは、オーディションを開催している学校やバレエ団が求める条件にフィットしたダンサーをオーディションの参加者たちから見つける為に段階的なふるい落とし(テスト)をかけていきます。

例えば、

  • ステージ1:身長・ボディースタイルによる選別
  • ステージ2:バーエクササイズ
  • ステージ3:センターエクササイズ
  • ステージ4:ジャンプエクササイズ or ポワントエクササイズ
  • ステージ5:ソロVa or 指定されたレパートリー

これらのステージを突破して最後まで踊り続けた人にオーディションの合格チャンスがあります。

残念ながら各ステージを突破出来なかった人は「お疲れ様です」という言葉をかけられて終了になります。

もちろんステージ1でお疲れ様ですを言われた人は踊らずに帰らなければならない人もいます。

残酷な世界です…

オープンオーディションの大きな特徴とは?

オープンオーディションのメリット

  • オープンオーディションは応募条件が比較的緩いため、多くの人が参加しやすいオーディションである

→例えば:18歳から26歳の男女やクラシックバレエが踊れる人など応募条件が幅広い

  • 事前にめんどくさい個人申し込みや問い合わせをしなくてよいことが多い

→オーディション開催の日時と会場が合っていれば突撃訪問をしても大丈夫な場合がある

→スケジュールの予定を組立てやすく気軽にオーディションに参加できる

オープンオーディションのデメリット

  • 応募条件が緩いということはつまり、多くの人が参加することができるので必然的にライバルが増えてしまう可能性がある
  • オーディションの参加希望者が多く集まってしまったため、自分の踊りのアピール時間が短くなってしまう場合もある

→例えば:主催者がオーディションの規模を予測できずに開催してしまい、多くの参加希望者が会場に押し寄せて人々で会場が溢れかえる大混乱が起こることもしょっちゅうです。

運が悪いと1回のオーディションに同時に300人集まるなんてこともあります…

  • オーディションが終わるまでに時間がかかる

→300人で一斉にオーディションは流石に無理があるので、50人ずつのグループ分けをしたりしますが、そうするとトタールでのオーディションの時間がかかってしまい一日潰れることも珍しくありません

  • オーディションの最後の方になってしまうと審査員が自分のことを見てない可能性がある

→審査員も人なので最後の方になると集中力も切れてしまい、せっかく踊ったのに自分の踊りがどんな感じだったか忘れてしまう場合があります

  • 開催する前から出来レースの可能性もある

本当は合格者がすでに内定しているのに、オープンオーディションを開いて参加費用だけ回収しようとする悪徳バレエ団のオーディションビジネスだけだったりするので、事前に調べることをおすすめします

-バレエ団オーディションの種類, バレエ団オーディション攻略法

Copyright© AUDITIONBALLETOK , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.